平成28年度の健康診査等について
年に一度は健診を受けていただき、皆さまの健康づくりにお役立てください。
◎〈平成28年度変更点〉
 *50歳以上の方に、前立腺がん検診の補助をします。(補助額2,000円)
 *65才以上の被扶養者の方に、人間ドックA・人間ドックB・生活習慣病予防
  健診費用を補助します。(上限額33,000円)

◎受診方法(当健保組合が契約している健診機関で受ける場合)
 ①「契約健診機関一覧」から予約します。
 ②『健康保険組合健診申込書』を、当健保組合へFAXします。
   FAX(011) 633-8373 (郵送でも可)
 ③ 予約した健診機関で受診します。
受診日当日は、『健康保険証』を健診機関受付でご提示ください。
◎健診内容と補助額・対象者 (年1 回補助・人間ドックと生活習慣病予防健診の重復受診不可)
健 診 項 目 補助額 (定額税込) 健 診 対 象 者
人間ドックA 24,000円 40歳以上の被保険者(本人)と被扶養者(家族)受診券で健診を受けます。
33,000円 65歳以上の被扶養者(上限33,000円)
(年度内に65歳になる方も可)
人間ドックB 16,000円 35歳以上の被保険者(本人)と被扶養者(家族)
実費分 65歳以上の被扶養者(上限33,000円)
(年度内に65歳になる方も可)
生活習慣病予防健診 8,000円 被保険者(全年齢)と被扶養者(家族・20歳以上)
実費分 65歳以上の被扶養者(上限33,000円)
(年度内に65歳になる方も可)

乳 が ん 検 診

触診 1,400円 被保険者(全年齢)と被扶養者(家族・20歳以上)
※触診+エコー+マンモを受診の場合
 補助額は5,000円までとなります。
触診+エコー 4,300円
触診+マンモ(1方向) 4,300円
触診+マンモ(2方向) 5,000円
子 宮 が ん 検 診 細胞診(医師採取法) 3,000円 被保険者(全年齢)と被扶養者(家族・20歳以上)
エコー 3,000円
細胞診+エコー 6,000円
前立腺がん検診 2,000円 50歳以上の被保険者・被扶養者
VDT検診 2,000円 ※ VDT作業に従事する被保険者(本人)
※ (CRTディスプレイ・キーボード等によるデータ入力、 検索、照会等文書の作成、編集修正、プログラミング、CAD等を行う作業)
肝炎ウィルス検査
(オプション検査)
HBs抗原 700円 被保険者(本人)被扶養者(家族)で、過去にこの検査を受けた事がない方
(ただし、人間ドックAか人間ドックB、生活習慣病予防健診を受けた方のみ)
HCV抗体 1,000円
インフルエンザ予防接種 2,000円 被保険者(本人)・被扶養者(家族)
特定健康診査 全額 40歳以上の被扶養者(家族)
特定保健指導 動機付け
支援
全額 40歳以上の被保険者(本人)・被扶養者(家族)受診券で健診を受けます。
積極的
支援

◎健診種目の補助額と年齢区分
 健診種目は年齢で区分されていますが、希望により他の種目でも実施できます。
 (例 被保険者で60歳ですが、生活習慣病予防健診を受けたい → 補助限度額は8千円です)
 (例 被保険者で30歳ですが、人間ドックAを受けたい    → 補助限度額は8千円です)

◎補助の対象にならないもの
 *当健保組合で指定した検査項目以外の費用
 *治療目的で 健康保険証を使用した、病院での健康診断
 *保険証を使用し、乳がん、子宮がん検診を受診した場合

◎受診場所

  札幌及び近郊
 (江別・石狩・小樽・北広島等)
 にお住まいの方
 ⇒  必ず契約健診機関で受診してください。
      次ページ「契約健診機関一覧」をご覧ください。
       
  上記以外の道内および道外
 にお住まいの方 ※
 ⇒  下記、◎補助額の請求方法をご覧ください。

 ※ 函館、仙台、東京、神奈川、兵庫、大阪、北九州市にお住いの方は、当健保組合で契約している
  健診機関で受診することも出来ます。

◎補助額の請求方法(償還払)
 『健康診査契約外機関健診費用(償還払)請求書』に①~③を添付し、請求してください。

  添付書類    ①22項目の質問票(問診票)(写)
 ②個人別の健診結果報告書(写)
 ③健診機関の請求書(写)と領収書(写)

※ ③の請求書は、「個人・健診種目」ごとの金額内訳が記載されているものが必要です。
        40~74歳の方は「特定健診の単価」の記載されているものが必要です。
   ご協力を宜しくお願いいたします。
※ 検査項目につきましては、「平成28年度健康診査について」を勤務先へお送りして   
     おります。ご不明な点は当健保組合までお問い合わせください。
                               ℡(011)633-8353

◎特定保健指導
 特定保健指導とは、健康診断結果でメタボのリスクが高い、または出始めたと判定された方が受ける保健指導のことです。

【積極的支援】
メタボのリスクが高い方
初回面接:個別面接で保健師等の支援のもと実効しやすい目標を立てます。
継続支援:面接や電話やメールなどにより、保健師等の支援が3ヵ月以上行われます。
6ヵ月後:健康状態や生活習慣の確認を行います。
  【動機付け支援】
メタボのリスクが出始めた方
面   接 :個別面接で保健師等の支援のもと実効しやすい目標を立てます。
6ヵ月後:健康状態や生活習慣の確認を行います。

 当健康保険組合では健康診断受診後に生活習慣の見直しが必要な方へ「特定保健指導のご案内」 をお送りしております。 対象となられた方は必ず受けるようご協力をお願いいたします。

提出書類  28インフル償還払用紙
 28健診申込書(事業所用)
 健診申込書(被扶養者用)
  申込書(34歳以下・札幌市以外在住の方)
  申込書(35~39歳・札幌市以外在住の方)
  申込書(40~64歳・札幌市以外在住の方)
  申込書(65歳以上・札幌市以外在住の方)
  申込書(札幌市内在住の方・34歳以下)
  申込書(札幌市内在住の方・35-39歳)
  申込書(札幌市内在住の方・40~64歳)
  申込書(札幌市内在住の方・65歳以上)  
ページ先頭へ
北海道コンピュータ関連産業健康保険組合 〒060-0042 TEL (011)633-8353
札幌市中央区大通西16丁目1番24 FAX (011)633-8373